参加者の声

  Voice

子育て談話カフェ ※支援者向けのアンケートから


● 見ず知らずの相手と、こんなことまで話せるんだ!!と、ちょっとびっくりしたくらい楽しかったです。笑顔が本当にステキです。もうそれだけで「安心・安全」と心を開くことができました。実際相談を受ける事が、仕事の中で多いので、相手の力を導く方法の参考になりました。


● 体験することで、楽しかったですし勉強になりました。素晴らしいプログラムだと思いました。段階を追って気持ちがつながってゆくというところがすごいと思いました。


● 最初は緊張したが、楽しくできた。皆さんおなじような悩みで共感できた。現代のお母さん達が求めていることだと思うので、もっと広めたいと思った。すごく興味を持ち、機会があったら先生の講座を受けてみたい。


● 参加者の意見、雰囲気の中、変わらない笑顔と、皆を引っ張っていく力に安心をし、自分をゆだねることができました。初参加でしたが、無理なく、規制が少ないところが負担にならず良かった。


● 実際に体験してみることで、お母さん達がこうしたら入りやすい、安心して話せる、というのがよくわかった。育児講座につなげ、グループトークのやり方などを変えていきたい。


● 悩みを抱えたお母さんが、こんな講座に参加してみると、考え方などが変わって良いだろうと思いました。お母さん達への対応の仕方を知り、これからの支援に取り入れていこうと思いました。


● グループで話すことで、深まり、共有し合い、もっと話したいと思いました。親が安心して信頼して話せる場を作っていきたいです。


● グループで少人数から少しずつ輪を広げていく今回の講座、あっという間に時間がたち、色々な方と知り合うことができ楽しめた。講座というと受け身になりがちでしたが、主体的にしていくことが大切ということを改めて思いました。親に向けてやっていくと、親もリフレッシュになったり、子育てが楽になったりできるのかなと思うので、このような講座が広がると良いと思いました。


● 心を聴いてもらえるということは、とてもパワフルなことだと思いました。こんなにいいプログラムは、子育て中のお母さんにたくさん知ってもらって、たくさんの方に参加してもらいたいと思いました。また、子育てママだけでなく、いろん な環境でも役立つんではないかと思いました。あきこさんがとても笑顔で、柔らかく、優しい雰囲気だったので意見を話しやすかったです。ありがとうございました。


● 最初はしぶしぶ参加しましたが、すごく勉強になりました。短い時間でも、少し前まで知らない人が、とても身近な人となりました。当たり前かもしれないけど、保育士の先生達にも悩みがあるんだと、実際に話が聞けて良かったです。あきこさんの話はとてもわかりやすく、聞きやすかったです。こういう風に進行ができる様になりたいです。


● 自分だけじゃないんだっていうのが、本当によくわかりました。笑顔がとってもステキで、印象的でした。優しい雰囲気が出ているので、講座に参加されるお母さん達がうらやましいです。


● とてもいい講座があることを知っただけでも、 ためになりました。色々な人との活発な意見交換がもたらすポジティブな心理効果を再確認しました。参加型にすることで、親がより積極的になり、今後の子育てに活かせると思いました。


● 笑顔で話しかけられると、自分がとても大切にされている感じがします。必要な言葉がけが、欲しい時にあり、話しすぎず。自分もそうあるべきと改めて思いました。悩みや思いを外に出すことは、どの場面や仕事でも大切であり、こういったプログラムが役立つと感じました。安心感がとても多く、参加した後のスッキリ感や心の温かさが素晴らしい。広く広められると良い。


● 話を聞くだけの研修でなく、他の参加者といっぱい話をすることができ、悩みを共有し、色々な意見を聞くことができた。


● 柔らかい、温かい雰囲気の中で、自分のことを話せ、聴き、共感できたことが、すごく安心につながりました。ルールは当たり前のことなのに、当たり前のことができなくなるという、現実から抜け出せたように思います。人間らしい物の見方、考え方の再認識ができたように思います。


● 毎年聞きたいと思いました。指導しようとするのではなく、自分で考えて解決する力を育んでいくことが大切だと再認識しました。笑顔で安心する話し方がすごく良かったです。皆さんが同じような悩みを抱えながらやっているんだ、私だけではないんだ、と安心しました。


● 段階があって、少しずつ心が開けていく様子を体験して良かった。すぐに親しくなるのでなく、少しずつ話し合い、信頼感ができることで、少しずつ変わってい くことができると知った。心の壁を下げてから、話し合う事の大切さを知った。


● いきなり相手のことを知るのは緊張するので、少しずつ近づいていく方法を教えていただきよかった。心の壁を下げてないと、保障してあげないと、本音で話せないことがわかり、ファシリテーターの仕事のヒントが十分見つけられたので、生かしたい。


● 他人に心を開くためには、いきなり大勢の中で話すより、グループから徐々に大きく広げていくことが大切だと、今日の経験でよくわかりました。今まで以上に、相手の気持ちになって考えて、話すようにしたいと思いました。お母さん達に心を開いてもらうことが大切なことがよくわかり、その話の仕方がとても上手な竸さんに感動しました。見習いたいです。


● 心配や不安を抱えながら集った、はじめて出会う人たちの自己紹介や他己紹介など、どんな方法で会を進めていくと安心して打ち解けていけるかの方法がよくわかりました。お母さん達の仲間づくりの方法に悩んでいたので、とても参考になりました。とてもわかりやすく、丁寧に話をしてくださり、ありがとうございました。


● 子育ての知識を与えるのではなく、共に考え、育てる力をつけることの大切さを知りました。


● 支援者の立場でなく、親の立場として参加できて良かった。同じような悩みや考えがあり、大変嬉しかった。お母さんの心の壁をもっと下げて、もっと関わりたいと思った。


● 初めて体験することでドキドキしていましたが、とても和やかに時間を終えることができました。心の安心・安全・・このプログラムは、人の心を安心にさせ、心・気持ちを前向きにするものと思いました。これからの仕事にも実生活にも活かせそうです。笑顔と優しいお声と、包みこむ優しさを見習いたいと感じました。本日はとても充実した時間をありがとうございました。


● 若いママ達の不安感を、具体的に感じられたり、自分を振り返ることができ、毎日を感謝できました。竸さんの笑顔に感心です。私も笑顔を!心地よい、いい時間を過ごさせていただき、楽しかったです。


● お母様中心、私はサポート側にまわって、話を聴きたいなと思います。とてもわかりやすく、楽しい内容で、進行の仕方や竸さんの笑顔、たくさん勉強になりました。ありがとうございました。


● 成人教育の考え方が明確にわかり、プログラム全体を通して、常に意識していきたいと思いました。参加者中心であることを意識し、居心地のいい「場」をつくるということを心がけたい。


● 楽しかった。リラックスできた。竸さんの言葉がとても分かりやすく理解しやすかった。初対面の方同士の緊張をほぐす方法、心の距離が近くなる方法を学べて良かった。ソフト面での支援の重要さを知り、対応を変えていきたいと思った。ティータイムは素敵な時間ですね、ありがとうございました。


● 信頼関係を築くには、とても環境や雰囲気が大切なのだと思いました。また、ファシリテーターは、与えるのではなく、相手の持っている知恵を引き出す、大事な仕事だと思いました。お母さん達との心の距離を縮めていく、信頼関係のつくり方を少し変えていきたいと思った。もっと深く勉強したいと 思いました。


● 親の気持ちに立って考える時間が持てて良かった。支援センターでの広場で、実際にこのプログラムを実践していきたいと思いました。


● 親の立場になって体験でき、支援センターに身をおく人間として、配慮すべきこと、考えていくことが、具体的に理解できた。親の不安や困り感を解決してあげることが大事なのではなく、道筋をつける手伝いをすることが重要だと思った。


● お母さん達には、本来力がある。私達はそれを引き出す力を身につけたい。私達も一面から見ず、多面から見ていこうと分かっていたはずが、改めてもう一度かみしめました。今もう一度、心に落とし、自分の事業をやっていきます。


● 今までは親に力をつけてもらうとの考えがあったが、親が本来持っている力を引き出してあげる手助けをするということを新たに知った。参加者である親自身が、場をつくっていく大切さを感じた。


● 自分が実際に体験することで、お母さん達の気持ちが少し感じられました。押しつけでなく、さりげない接し方が参考になりました。


● 「指導ではなく、親同士、協力、助け合い、 解決する力をつける」私達の関わり方を変えていきたい。親支援の大切さ、改めて考えさせられました。ありがとうございました。


● 親心を育てるために、自信を持たせるために、こういったプログラムは必要なことだと感じた。具体的な内容でわかりやすく、とても参考になった。


● 相談対応など、助言をしながらも、母親自身が自分で解決の糸口を見つけられるようにしたいと思いました。


● 育児まっただ中のママにとって、とても大切な、振り返るいいチャンスなので、ずっと続けていってほしいです。相手との距離、否定し合ったり、責めないなど、コミュニケーションやルールを守り、価値観の違いを認める前提でやり取りすることは、日頃からやっていきたいです。指導ではなく、問いかけ指向であることが特色だと思いました。


● ファシリテーターの仕事が、日常生活において人との良い関係を築くことに有益であると思った。


● 虐待防止というと、難しそうで、私が口を出して良いものかと思いましたが、「自分だけではない、そのままでいい」ということを実感させていただいて、無理のない安心できるもので、ぜひお母さん方に広く色々な方に知っていただけたら良いと思いました。助言はしないことが意外でしたが、その重要性も知りました。あたたかい笑顔で受けとめていただき、自分の気持ちがずいぶん軽くなりました。良かったです。


● 講座というものに、なかなか関心を持たず、今まできていましたが、今回体験でき楽しかったです。人の話を聴く姿勢を見直したいと思いました。


ブログへ

Amebaブログ
「子育て講師もひとりのお母さん」
講演講座の参加者募集情報や
日常を綴っています。

facebookへ

Facebook
お友達申請歓迎です。
ブログの更新を
お知らせしています。


このページのトップへ

子育て支援講演会・講座・PTA家庭教育セミナー・教育講演会/講師/愛知県名古屋市
子育て支援講演会・講座・PTA家庭教育セミナー・教育講演会/講師/愛知県名古屋市
子育て支援講演会・講座・PTA家庭教育セミナー・教育講演会/講師/愛知県名古屋市
inserted by FC2 system